どんな味

ドッグフードの保存料・着色料

ドッグフードのことに関しまして、最近問題となってきているのが、保存料や酸化防止剤などといった添加物によってワンちゃんの健康に害を与えてしまうということです。
免疫力が比較的低い体質の犬というのは、アレルギーや皮膚疾患にかかってしまうことがありますが、そのようなワンちゃんを飼っている時にはドッグフードに選びに注意をする必要があります。
人間の食べ物の中にも含まれている保存料なのですが、もちろんドッグフードにも含まれています。

しかし現在では、動物用のフードにおいて人間のように詳細な基準が決められていなく、表記をするのは義務付けられていますが、その詳細については記載しなくても特に問題になることはありません。
原材料として「食物繊維」「ビタミン」と表記されていたとしても、それらの成分が天然成分である保証は無く、薬を付かて栄養素をコントロールしているケースもありますし、人間が食べることの出来ない材料を使っていることもあるようです。
添加物というのは食品を保存させるために必要な物質ですが、出来る限り新鮮なものを与えてあげたいのは飼い主でしたら誰もが思うところです。
とは言いましても、ワンちゃん用ドライフードなどといったものは、到底一回で食べ切ることが出来るものではなく、何日にも分けて与えていくのが一般的です。

このことから長期的に保存をするためにはやはり添加物を配合しなければいけないのが実情となります。
無添加と宣伝をしているドッグフードだったとしても、保存料を配合していることがあります。
もし添加物を極限まで抑えて作られている栄養バランスのとれたドッグフードを与えたいと考えているのでしたら、材料だけに注目をするのではなく、製法にもこだわりを持って作られたフードを探さなければいけません。
愛犬の健康を考えているのでしたら、保存料や着色料などといった添加物の問題は絶対に無視することの出来ないものです。
きちんと含まれている成分を確かめて購入をするようにしましょう。

このページの先頭へ