どんな味

ドッグフードも国内産を選ぶべき?

ドッグフードと言いましても、日本製に限ったものだけではありません。
最近では輸入をしている外国製のものも数多く出回っています。
もともとドッグフードというのは外国製のものが多い傾向にあり、輸入される数に関しても今も多数あります。

日本製のドッグフードというのは、ペットフード安全法と呼ばれている法律が出来たことによって、より安全なドッグフードが市場に出てきています。
この法律に関しては、アメリカのペットフードにおける安全基準の見直しをしたことによって生まれたものとなります。
このことから、日本のペットフードというのは、アメリカの安全基準が基本になっていると考えても良いでしょう。

アメリカで発売されているドッグフードを見てみますと、アメリカというのはペットフードの先進国だということがよくわかります。
日本で販売されているドッグフードだったとしても、有名なドッグフードの多くはアメリカ製のことが殆どです。
アメリカで作られているペットフードは、獣医と連携をしており、その研究も日本よりも遥かに進んでいます。

さらにアメリカのペットフードというのは、栄養バランスも含め犬にとって美味しく感じるものとなっていますので、日本のドッグフード市場でも大変人気があります。
もちろん、ドッグフードの安全性は、世界で一番と言われていますので安心です。
日本のペットフード業界に関しましては、アメリカの基準に見習って作られています。

また日本においては日本独自とも言える基準が設定されています。
アメリカの基準では引っっかかることの無い添加物の基準だったとしても、日本では引っかかってしまうことがあります。
人間も犬も同様の安全性を求めていることから、日本のドッグフードもアメリカ並に高い安全性が確立しています。
このことからドッグフードに関しては、国内産でも外国産でも特に気にすること無く愛犬にピッタリのドッグフードを選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ