どんな味

ドッグフードとキャットフードは違う?

ペットフードというのは、現在ではスーパーやホームセンターなどで数多くの銘柄や種類が販売されています。
猫に対してはキャットフード、そして犬にはドッグフードと、きちんと分かれて販売されていますが、動物により種類が分けられているということは、その中身にも当然何かしらの違いがあることでしょう。
その違いについていろいろと調べてみましたのでご紹介させていただきます。

その違いの秘密として、生態系の違い、そう体の組織にあったのです。
こちらhttp://xn--nck1bpe3d4d0i.net/1day.htmlにも書いてあるとおり、猫というのは犬と比べますと、かなり多くの栄養素が必要となる繊細な動物です。
そして猫は、数多くの種類のビタミンが必要となります。

また、ナイアシンと呼ばれている、本来ビタミンB群である成分を猫の場合は体内で生成することが出来ないのです。
また、人間も同様のことですが、一般的にβカロテンについては摂取することによって体内にてビタミンに形を変えることになりますが、猫の場合にはその機能が無いのです。
また、狩猟動物とは言いましても、猫は視力も特に良いワケではありませんので、その視力や目の健康を保つためにもタウリンなどといった成分は必要不可欠なのです。

このことから普段の食事から摂取をしていく方法が最も良いこととされ、キャットフードの中には、ドッグフードよりもこのような成分が豊富に含まれているのです。
さらに猫の場合には嗜好性が高い傾向にあり、蛋白質が多く含まれているものを好みますので、ドッグフードの持つ味の薄さだけでは、とても満足をすることが出来ない猫が多くなているようです。
ドッグフードというのは、これほどたくさんの栄養素を含んでいなく、味に関しても比較的薄めに作られています。
その理由は犬の健康維持のためにエネルギーなど肉類を中心として作られているからであり、キャットフードで主となっている魚などといった蛋白質は含まれていないのです。
またキャットフードにはドッグフードに含まれている栄養成分の4倍ほどの栄養価があるのです。
栄養バランスを考えて、たまには手作りのキャットフードを与えてあげるのもいいでしょう。
手作りキャットフードについては、こちらをご覧になってみてください。

このページの先頭へ