どんな味

ドッグフードと人間のご飯

私達人間が日常的に食べている食事というのは、犬に与えてしまっても大丈夫なのでしょうか。
これって結構気になることかと思います。
この事実を理解するために、まずは犬の視点から人間が食べる食事について見ていきましょう。

ドッグフードと比較をして、人間の食べ物というのは非常に味が濃くなっています。
人間というのは複雑な味の違いを判断することが出来るほど高度に発達をしている味覚を持つものですが、それに比べて犬の味覚というのはそこまで複雑な味を感じる事が出来ないのです。
このことからドッグフードと比較をして味か濃く作られている人間の食べ物というのは、美味しく感じることが出来るのです。

しかしここで問題が生じます。
味が濃く作られているということは、それだけ味付けに使用されている成分が多く含まれているということなのです。
その代表的なものとして塩が挙げられます。

人間の食べ物の中には、殆ど塩分が含まれています。
塩は味を構成するために欠かすことの出来ない成分の一つとなっていますが、犬にとりましては人間の食事に含まれている塩分量では多過ぎるのです。
犬というのは人間と比較をしてほとんど汗をかかない動物です。

このことから塩分を排出させるのが苦手な体質なのです。
つまり過剰な塩分摂取というのは犬にとっては健康維持の大敵な存在となるのです。
さらに犬にとって主なエネルギー源となっているのはタンパク質ですが、人間の場合は炭水化物などの糖質となります。

このことから、人間の食事をしていては本来不必要な炭水化物を多く摂取してしまう事になってしまいますので、その結果消化不良を引き起こしてしまう原因となるワケです。
さらにビタミン群というのは、人間の場合には食べ物から摂取をしているのですが、犬の場合は体内にてビタミンを生成しています。
つまりビタミンを外部から摂取する必要が無いということになります。
最も大切なのは、玉ねぎを与えないことです。
犬にとって玉ねぎは猛毒ですので絶対に与えないようにしてください。
これらを踏まえて、愛犬にバランスのとれた栄養豊富なドッグフードを与えてあげましょう。

このページの先頭へ