どんな味

ドッグフードとおやつ

少々太り気味となってしまっているワンちゃんに対しては、いつもの食事だけではなく、おやつも与えてもいいものなのか悩んでしまうこともあるでしょう。
あまりにも太ってしまっている場合には病院にて獣医に判断を仰いでもらう必要があるのですが、もし一般的な犬よりも多少太っている程度でしたら、おやつを与えたとしても特に問題になることはありません。
犬にとりまして、おやつというのは質であり、量が欲しいワケではありません。

目の前に置いてあるものは出来る限りたくさん食べてしまうというイメージを持っているかもしれませんが、基本的に犬が嬉しいのは「食事以外の時間でも食べることの出来るおやつ」となります。
良いおやつの与え方としましては、一日分のカロリー計算から始めることです。
犬というのは本来は長距離を走ることによってエネルギーを消費していく動物となりますが、室内で飼っていますと必然的に運動不足となってしまいます。

飼い主さんが出来ることは、ワンちゃんにとって必要な一日分の摂取カロリーを把握し、ドッグフードとおやつの量を計算して与えてあげることです。
もしおやつを与える場合には、一日の総カロリーの中で2割程度に収まるようにしてください。
残りの8割については、通常のドッグフードで補うようにしてください。

もしカロリーがオーバーしてしまうようなことがあれば、運動をさせたり遊ばせてやったりしてきちんとエネルギーを消費させなければいけません。
犬に関しても人間と同様にたくさん食べてくれますので、つい嬉しくなってしまい、多くのおやつを与えてしまいたくなってしまいますが、与え過ぎは健康を害してしまう恐れがあります。
ですので、おやつは市販されている動物の骨、また茹でた野菜など、出来る限りカロリーをコントロールしやすくなっている物を選んであげましょう。
人間が食べているようなお菓子や食品というのは、犬にとっては油分や塩分が強過ぎて、食べ過ぎてしまうと肥満や生活習慣病を引き起こしてしまうことがあるのでご注意ください。

また、猫と一緒に飼っていて、間違ってキャットフードを食べてしまうということもあるかもしれません。
ですが、キャットフードには犬に有害なものはほとんど入っていないので、問題はないようです。
詳しくはhttp://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/dog.htmlにも載っていますので、確認してみてください。

このページの先頭へ