どんな味

ドッグフードを食べない時の対処法

犬種により、ドッグフードの好みがあるのかどうか気になります。
ワンちゃん1匹1匹においてもそれぞれもちろん好みに差があるものです。
しかし犬というのは、判断をするのではなく、ニオイによって好き嫌いに差が出てきやすいといわれています。

人間と比較して、異常に発達をしている嗅覚を持っていることが、その要因の一つとして考えられます。
味に対しても好みが分かれており、一般的に犬というのは甘みのある物を好んでいる傾向が強くなっています。
さらに味が強くなっているものほど食いつきが良いことが多いです。

嗅覚に関しては人間よりも発達をしているのですが、味を感じることになる味覚に関しましては、人間よりも味の感じ方が少ないのです。
このことから、味が強い方が、それだけ味を認識しやすいといえるのです。
さらに重要となってくるのは「硬さ」となります。

人間以上に犬というのは「食べにくい」と感じたものに対して抵抗を持つものです。
ですので食べやすい形状になっているものほどよく食べるということがあります。
顎の力が弱い小型犬ほど硬いドライタイプのドッグフードは食べないことが多くなっています。

おやつとして肉巻きガムなどを与えたとしても、芯の部分だけを食べることなく残してしまう事も多くなっています。
特に、いつもドライタイプを与えていて、一度でも柔らかなウェットタイプhttp://www.theobviousblog.net/wetto.htmlに変えてしまったことで、その後ドライタイプのドッグフードを食べなくなってしまうなんてことはよくある話です。
その一方で、身体の大きな犬種というのは、あまり硬さの違いによる好みに差はあまり見られませんが、それでもウェットタイプで柔らかく、食感が良い物の方がかなりの食付きがあります。
このようなことから、犬種による好みの差は、身体の大きさにより好みの差があるといえるでしょう。

このページの先頭へ