どんな味

手作りのドッグフード

愛犬のためにドッグフードを手作りしている人は意外にも多くいらっしゃると聞きます。
しかし、手作りドッグフードを作る時には、人間と犬における違いをきちんと理解をしなければいけません。
人間は炭水化物を主食としており、それを摂取し分解し糖質をエネルギーに変えています。

その一方で、犬は炭水化物を基本となるエネルギー源にはしていないのです。
これは長い歴史の中でどういった物を食べてきたかによって違ってきているのです。
穀物を中心としている物を古来から食べてきている人間というのは、炭水化物、肉などといったものを主たるエネルギー源としています。

そして犬の場合は、たんぱく質が非常に重要となるエネルギー源なのです。
そのことから、犬というのはお米や小麦粉などといった炭水化物を消化するのが苦手であり、お腹を壊してしまうことも考えられます。
このことから手作りする時には、このような最低限のポイントを抑えて作ってあげることが大切なのです。

例えばササミの野菜あんかけなんていかがでしょうか?湯通しをしたササミをほぐし、細かく刻まれた野菜、そして片栗粉を使ってあんを作り、それらを混ぜ合わせといったとっても簡単に作ることが出来ます。
また動物性たんぱく質、ビタミン、アミノ酸などといった成分に関しても摂取することが出来ます。
味付けの目安についてですが、少々味が薄いかなと食べて感じるくらいがちょうど良いです。

そして塩分を抑えながら、塩味を付けることの出来る便利な調味料もありますので、それらを使用することによって塩分過多といった心配が無くなります。
またヘルシー食として最適なのが豆腐ハンバーグです。
これはドッグフードにピッタリなのではないでしょうか。
ただし、犬にとって有毒な食べ物であるタマネギの使用は絶対に避けるようにしてください。
豆腐ハンバーグでしたら愛犬も美味しく食べてくれること間違いありません。

↓ドッグフードを食べてくれないとき
  

このページの先頭へ